忍者ブログ
 
2018 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 生態
    HN:
    Hong
    性別:
    女性
    趣味:
    絵と本と酒 ←おっさんか
    自己紹介:
    ゆるく生きてます
    ブログ内検索
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    京都市立博物館


    行ってきました。
    去年も行ってますが というか、ここ10年くらい、出張不在でなければ行ってます。
    来週の精華大学も行きますよー

    今年、凄く良かったです!
    個人的な好みの問題なんですが、年度によっては漫画ぽいというか、コミックアート的な物が集中する年もあったりするのですが、そっちはあんまり好きではない・・・

    なんですが、今年は凄く好きな作品がいっぱいありました!

    イラストレーション分野も、デジタルツールで描きました! てのが、良い意味で出ていなくて。もうこの世代だと小さい時から使い慣れてるのかな? と。
    グラデーションの部分をあえて画一的にしない描写とか、デジタルツールを使う分フォントに拘ったり、配色に拘ったり、物凄く使いこなしていて凄いなぁ。と。
    なんというか、完全に道具として使っている感じが。 うーん、コレが世代ギャップか。。。

    グラフィックデザイン好きなので、どうしてもそちらの方に比重を置いて見てしまいますが、精度が物凄く高い。だって、このパッケージとか、どうみてもこれ売り物でしょ? 駅とかにポスター張ってても見栄え凄くするよ? 負けてないよ?と。

    一緒に行ったツレは一応プロなんで、見るところ違って、そこも面白いですが、うわ!コレいいね! と、食い付く作品はわりと同じだったのも面白いなぁと。
    まあ、自分は仕事そっちじゃないんで、一応理系なんで・・・完全に好き、そうでもない。でしか見てませんが。

    県名をモチーフにしたデザインをした子の作品とか、絵本分野(か、イラストレーション分野か・・・)の、日常あるあるを綴った絵本とか、お子ちゃま用おもちゃとか、ローテーブルとか・・・(書ききれん)完成度高っ!! 凄く印象的でした。
    あと、陶芸作品でも凄いのありましたし、日本画も美しかった!!
    日本画専攻の復元作品は、毎年の作品が物凄いクォリティー高くて、職人技でしょ((・Д・))ガクブル なんですが、今年も素晴らしかったです。 仏画の作品、截金の部分とか、ホントに截金でやったの?(←時間足りずに論文詳細読めませんでした><。)と、まじまじ見ても、凄すぎて溜め息しか出ない位。
    毎年の事ですが、最後時間なさすぎて投票し忘れて帰ってきました。

    目の保養かつ、切り口が面白い作品がいっぱい見られて大満足でした^ワ^
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    椿 HOME 需要は無いが作成中です。
    Copyright © ログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]