忍者ブログ
 
2018 . 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 生態
    HN:
    Hong
    性別:
    女性
    趣味:
    絵と本と酒 ←おっさんか
    自己紹介:
    ゆるく生きてます
    ブログ内検索
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


    ■Gentlemen's Society
    2013/11/30 Update

    Dougさんの線画に塗り絵してきました。
    お絵描き共和国さんで上げている画像とは別の実サイズになります。
    若干ではありますが、線もクリアに残っていると思います。
    作業時はこのように見えているわけですね。

    前回気が付いたのですが、作業している時のサイズと、アプロードした時のサイズが違ってますよね。
    なんでぼんやりするのかな? 色数圧縮するから? かと思ってましたが、
    若干拡大されるのですね。
    ・・・かなりの想定外でした。
    縮小だと引き締まるのですが、拡大はキビシイです。色々と。(´;д ;`)

    ←と思っていましたが、単純に自分のマシンの環境の問題だったようです。 Oh ~ アプロド確認したら同じですた。(-д-;
    しまつた。それなら90%に縮小すべきでありました。

    保存する前に毎回スクショ撮ろうと思って、毎回忘れるというね。 

    Dougさん、塗りもツボですが、線画もツボでした。
    動画もモチロン拝見したのですが、物凄くキッチリ描かれていらっしゃるなぁ・・・と。
    首の太さとか、肩の落とし方とか、身体の捻り具合や重心の位置(どうでもいいけど銃身と変換されるのは何故・・)自然でどこにも違和感がないのです。凄いです。
    あと、個人的に目が大きすぎないのが大変ありがたく。(-人-)
    で、ですね。作業時間とか、塗りあがったら表情が線画に比べてキツクなってるんですがxxxとのコメント等を拝見して、何だろうこのシンクロ感・・・。他人とは思えないのですが…。
    と、軽く小一時間ぐらい熱く語れそうな気がします。(暑苦しいからヤメトケ
    線画アップされたのが8月末頃でしたか、拝見してからいつかお借りしようと狙っておりました。
    中々背景にしっくりくるものが浮かばなかったので気が付いたら冬になっておりました。

    これだけ描き込んでいながら言うのもなんですが、実はどこまで背景プラスしていいのか何時も戦々恐々としてたりします。
    う・・・ん・・・うっとうしいよね。いい加減。
    判ってるんですが。
    が!
    もう諦めて頂こうかなと。こいつなら仕方ないよね。と、ゆるく見ていただく方向で。(・∀・;)ノ

    しかし、なんでこうバックとだだ被りしちゃう色を置いてしまったのか。
    単純に華やかな色使いが出来ない(寧ろ苦手とか言えるレベルですらない)のですが、あんまりやないかぃ。
    そしてシャツの首元はやっぱり黒の方が良かった気がします。あまりにも地味なので、何か色を!と思って悪あがきした悪い例になってしまいました。ナンテコッタ。
    塗り方としてはいつもとちょっと変えていて、ベースの色が店の壁の色になってます。
    そこからハイライトと影をそれぞれおきました。
    普段は明るい色をおいてから影をつけていくのですが、この位濃い色だとベースの色を認識していないと手に負えない気がして。

    と、色々言い訳かましてますが、楽しかったです。そらもう、めちゃくちゃ楽しかったです。
    ドストライクな線画を描いてくださってありがとうございますーー と、ここで叫んでみる。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    Fire Alpaca HOME 竹内栖鳳展
    Copyright © ログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]